30代からの転職を応援するサイトです

【信じるな疑え】経験者が語る転職エージェントとの正しい付き合い方・利用方法

30代の転職活動において必須とも言える転職エージェントの利用。ですが、実際にどんな感じで利用すればいいかわからない。そんな方も多いと思います。

ここでおすすめしたいのが、まずはじめに各転職エージェントのホームページを見て「何となくこんな感じかな」というイメージをつけること。

30代へおすすめの転職エージェント:パソナキャリアリクルートエージェントdodaですが、それだけでは「本当に正しいのか、綺麗事だけ書いていないか」不安も残ると思います。

この記事では、私が実際に転職エージェントを利用した時に感じたこと・経験したことをお伝えします。

実は転職エージェントは信用してはいけないのです。どういうことか、記事の中で解説していますので興味を持った方はぜひご覧ください。

この記事を読めば、転職エージェントとの正しい付き合い方・利用方法がわかります

ハルトモ
ハルトモ

転職エージェントとの関わり方を制すものが転職活動を制す!

転職エージェントをどこ利用したらいいのか分からない人にはこの記事がおすすめ。

>30代向け転職エージェントおすすめ5選

転職エージェントを利用するメリットはなに?

転職エージェントは転職希望者が入社した段階で、求人企業側から報酬をもらうというのが一般的なビジネスモデルです。

転職者側は無料で利用できるのが最大のメリット。

そんな無料で利用できる転職エージェントは利用しない理由がないくらいに役立ちます。

転職エージェントの主な役割
  • 求人情報の案内
  • 履歴書や職務経歴書のチェック
  • 面接の事前情報やフィードバック
  • 企業側人事との調整
  • 給与交渉

求人情報の案内

転職エージェントは多くの求人情報を持っています。求人情報=転職先の選択肢になるので多いに越したことはありません。

基本的に転職エージェントからはメールで求人情報が届きます。他の転職サイトなどでも公開されている求人情報以外にも、各エージェントごとに非公開求人を持っています。

最初のうちは転職エージェントが選んだ求人で

  • どんな企業が世の中にあるのか
  • どんな業界なら転職エージェントが可能性(市場価値)を感じているのか

を知ることから始めるのがおすすめです。

履歴書や職務経歴書のチェック

転職活動では書類審査の通過が最初の関門。自分なりにしっかり書いたつもりでも、企業側の採用担当が見たら「よく分からない」なんてことがあります。

その場合、どれだけ誇れる経験や能力があったとしても正しく評価されません。

恐らく大半の会社員の方は「自分が何をやってきたか」を誇るというのが苦手な方が多いことでしょう。そもそもどうやって書いたらいいのかわからないかもしれません。

そういった人たちの助けになってくれるのが転職エージェント。私も最初のうちは書類を作成しても不安ばかりで企業への応募に尻込みしていました。

ですが、転職エージェントの添削により、以前よりは内容や記入するボリュームも何となく把握できるようになりました。

面接の事前情報やフィードバック

面接でどんなところに注意すると良いのか、事前に分かったら楽じゃないですか?

実は転職エージェントは同じ企業を受けた人の情報や企業側の人事担当から情報を得ている場合もあるので、事前に具体的なアドバイスが貰えます。

また面接後にエージェントへ「企業側が面接でどう感じたのか」のフィードバックを依頼しましょう。

特に重要なのが、良くなかった部分や改善点について確認することです。その企業には受からなかったとしても、次の面接時に活かせるように聞き取り・改善は必須です。

面接が苦手だと感じている方にとってはエージェントのサポートがあるかないかで内定率が大きく変わってきます。

企業側人事への調整

エージェントを通じて企業側との日程調整や採用担当者への連絡といったスケジュール調整をしてもらえます。

一社のエージェントで複数応募している場合は、他の企業との兼ね合いも考えて調整してくれるので働きながら転職活動をしている人にとっては助かるサービスです。

もちろん、複数の転職エージェントをまたいで日程調整はできないので、いくつも転職エージェントを利用されている方については注意が必要です。

私も実際にスケジュール調整の際にダブルブッキングになりそうでヒヤリとしました。担当エージェントへ再調整のお願いをした時は気まずかったのを覚えています。

給与交渉

年収アップについては転職エージェントに伝えた上で可能性あれば、前向きにエージェントが動いてくれます。

転職エージェントの報酬は転職者が年収いくらで転職したかに連動します。

そのため、転職エージェント側も年収を高くしたいという思惑があります。私たちも同じ仕事なら給料が高い方が嬉しいですよね。

人生で会社と給与交渉をしたことがある人の方が少ないと思います。そういった意味でも、経験のあるエージェントに給与交渉を任せるのも手かなと思います。

ハルトモ
ハルトモ

次は実際に利用するまでの流れについて解説します。

転職エージェントの利用をはじめるには

まずは各種情報の登録が必要

転職エージェントを利用するには、ホームページで無料会員登録が必要になります。

登録時に入力する情報は次の通り。

  • 現在の状況(在職or離職)
  • いつまでに転職したいか(転職期間)
  • 経験社数(転職歴の確認)
  • 各種希望(勤務地・年収・職種など)
  • 経験職種、業界
  • 現在の年収
  • 学歴や個人情報
  • 職務内容、自己PR

職歴などはその場でパッと分かると思いますが、いつまでに転職したい(1ヶ月以内なのか1年以内なのか)、各種希望(給料を上げたい、転勤は無理)は事前に決めておくと登録で手間取りません。

そして、「今まで自分がどんな仕事をしてきたか」については必ず事前に確認しておきましょう。

後からでも変更できますが、具体的な内容を記入した方がエージェントとのやり取りが楽になります。

>【はじめての転職】30代向け転職エージェントおすすめ5選

エージェントとの面談

登録した情報をもとに、エージェントとの面談を行います。コロナの関係もあり、現在はZOOMでのオンライン面談もしくは電話での聞き取りが主になっています。

直接面談よりも時間の調整はしやすいので、在宅勤務ができる人であれば負担は少ないはず。

時間は30分~1時間程度。私はその際に大まかな転職活動に掛かる期間と注意点を確認しました。

もし余裕があれば、事前に何を聞きたいかのリストを作成してから面談に臨むことをおすすめします。

面談と言われると緊張するかもしれませんが、身構えず「とりあえず話を聞いてみよう」くらいのスタンスで全然大丈夫です。

この面談が終わると、希望者に合った求人を提案してくれるという流れになります。

エージェントとの面談については別の記事にてまとめています。

>転職エージェントとの初回面談は100%この流れで進みます!

失敗しない転職エージェントの利用法

無事に登録も面談も終わってから、転職エージェントとの関係がはじまるわけですが次の3つを意識して利用しましょう。

  • 複数の転職エージェントを利用する
  • 経歴を盛らない(正しい情報を伝える)
  • 自分のペースを崩さない

特に複数のエージェントを利用することが最重要だと私は考えています。ほかの項目と合わせて解説していきます。

複数の転職エージェントを利用する

これが最重要ポイント。転職エージェントは複数利用が基本です。

もっと言えば「ひとりの転職エージェントを信用し過ぎない」こと。

え!と驚く方もいるかもしれませんが、これは私の経験だけでなくネットでの口コミ、転職についての書籍でも書かれている当たり前のことなのです。

例えば、Aエージェントから〇〇株式会社がおすすめです!と言われたけど、Bエージェントに聞いたら「そこブラックですよ」なんてことも…

これは単純にAエージェントが〇〇株式会社のことを詳しく知らないか、報酬目当てに転職希望者を押し込みやすい企業を紹介しただけの可能性があります。

今回、例としては良くない部分を挙げました。ですが転職エージェントを疑った結果、信用できる人だと分かれば安心してエージェントの話を聞けますよね。

もちろん、そもそも相性が合わないこともあるので複数登録はマストです。

関連記事:転職エージェントが合わないと感じた時にする3つの質問

経歴を盛らない

自分の市場価値を高めよう、良い評価をされたい、悪く思われたくない。そんな気持ちが先走るあまり「経歴を盛る」ことがあります。

営業マンであれば、「(本当は受賞してないけど)社長賞を取り表彰されたことがある」、事務職で「(経費処理しかしていないのに)部門の数値管理をしてました」とか。

できることを伝えないのは損ですが、伝えすぎるのもどこかでボロが出ます。それが入社前に分かって面接でボロボロになるか、入社後に「聞いていた話と違う」と詰められるのか。

どちらにしろ良い転職にはならないので、自分の経歴を盛るのはやめましょう。

自分のペースを崩さない

転職エージェントとのやり取りがはじまると、毎日メールで求人情報が山のようにやってきます。正直言って、全部を詳しく見るのは無理…

そして、転職エージェントもダラダラと私たちを見ている余裕は無い為、3ヶ月程度で担当エージェントを継続するのかどうかの確認が入ります。(リクルートエージェントの場合はそうでした)

その時に少しでも悩むなら、転職エージェントの利用をストップする。もっと言えば転職自体を見直すのもありです。

周りからのプレッシャーは自分を動かすためには必要ですが、無理に焦って動いた結果、望まない転職をしてしまうことの方が不幸。

そしてその不幸はすべて私たちが引き受けることになるのです。

自分のペースを崩さない。当たり前のようで意外とハマるポイントです。

まとめ:転職エージェントは正しく利用してこそ価値がある

転職エージェントは正しく利用してこそ、私たちの転職活動にとってプラスになります。

言い方は乱暴ですが、「転職エージェントに使われるな、使え」ということ。

エージェントに対して敬意を払いつつも、一方的に信頼しない。信頼しないということは自分で考えて、調べることにつながります。

転職エージェントは多くのサポートをしてくれます。ですが、甘えていては結果として良い転職にはつながらないのです。

ですが正しく利用できるなら、これほど心強いサポーターは他にはいません。だって相手は「転職のプロ」なのですから。

今より良い環境で働きたい、もっと給料を上げたい、自分の時間を増やしたい。みんなそれぞれに希望があります。それを希望だけに終わらせず、現実に変えていくためにも転職エージェント利用してみませんか?

無料で使える。そして効果は絶大。そんな転職者にとっては嬉しいサービスが転職エージェントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました